迷い犬 大捜査網

昨日日曜日、県外に向かう私の携帯に、社長から電話。

「首輪した犬が、大怪我して駐車場に居るビックリマークビックリマークと。

聞けば、後ろ足から相当の出血で、グッタリしてるとか顔(叫び)

 

一緒に居た友人と知恵を絞りながら、まずは我が家のかかりつけ獣医さんに電話電話

すると、「見て見ぬ振りするしかないよ。車にはねられてたとして内臓までやられてると、

莫大な費用がかかる上に、助からない可能性もあるから顔(興味なし)」と言われました。

 

先生、そんな・・・だからって、そんな見てみぬ振りは絶対出来ませんっ顔(しまった) 

うちにも、"明日はわが身"のわんぱくジニーがいるんですもの。

せめて早く飼い主さんを早く見つけてあげないとっ。

 

だけどどうやって探すか・・・あ、保健所No.1

あぁでも、今日休みだ顔(叫び)。でも休みだからって諦めきれない顔(しまった)

何か方法はないかと考えたら、

全然関係ないけど、"保健"つながりで

市役所勤めの保健師の幼なじみを思い出したので電話。彼女によると、

「首輪に登録番号ついてないかハテナマーク 付いてたら、市民課の子に電話して聞いてみてあげれる。

でも付いてなかったら残念やけど・・・」

とのこと。早速社長に電話。ついてない・・顔(悲しい)

 

社長いわく、「警察に電話したら、『柴犬探してます』って人が来たで、調べてくれるって。

明日朝一番で、保健所に引き取りに行くよう言うって」とのこと。

保健所が引き取るって・・・なんか嫌な響き顔(ショック) 

警察ちゃんとそれまでに、調べてくれるかなぁ。

「とりあえず、安心させて落ち着かせるためにも、お水と食べ物与えてあげて」

というのが最後の思いで電話を切りました。

 

夜、福井に戻ったその足で、会社にその迷い犬を見に行きました。

すると、『柴犬 心当たりのある方 オーケン』と手作り即席立て看板の影に隠れて、

想像してたより元気そうに居ました。でも後ろ足は痛そう汗

水は少し飲んだっぽいけど、餌は食べてなさそう。

その餌は、陶板浴のお客様が持ってきてくれたとのことです。(ありがとうございます)

なんとなくちょっと安心して、友人と、

「元気になれば3本足でも家に帰るかなぁ」と願って、

「大丈夫、元気になるで、がんばんねやビックリマークと声をかけて帰りました。

翌朝、元気に居なくなってくれてることを切に願って・・・

 

ところが翌朝、居た顔(悲しい)煙 

でも昨日よりさらに元気そう・・・だけど不安そうな表情。

傷口を一生懸命舐めてる。切な~いっ顔(しまった)

 

わっ顔(驚き)もうすぐ保健所が来ちゃう汗汗

すると、今さら遅いアイディアが次々浮かんできた。

従兄にお医者さんがいたんだビックリマーク傷口の消毒くらい頼んでみればよかったビックリマーク

 いや、ピリカレで傷口を洗ってあげるだけでも、違ったかも。

この近辺だったら、国兼か今宿、四郎丸辺りの犬かもしれない。

あの人に聞いてみれば良かった・・・、あのOBさんに聞いてみれば良かった・・・

 

ともかく、諦めないで一つ一つ当たっていくことにしました。

従兄はもう仕事だから、ピリカレシュッシュしてあげて、

迷い犬の写真を撮って写メールを送る準備して・・・。

そうこうしてる間に、保健所車両がやってきて、

なんというか、とても悲しい道具を使って迷い犬を車に乗せました。

可哀相で思わず涙・・・顔(しまった)汗

保健所の方も仕方ないですよね。噛まれて病気にでもなったら困るし。

 

「何日預かってもらえるんですかハテナマーク」の質問に、「3日です」と答え。

「頑張って飼い主探すんで、どうか・・・」の続きが言葉になりませんでした。

だって、決まりは決まりですもんね。

それより、傷口がこの暑さで、良い状態なわけはないので、

一刻も早く飼い主に連絡してあげないと走る(左)

 

気を取り直して、あたりめっぽう写メール&電話をかけまくりましたメール電話メール電話メール電話

迷い犬すると、どうやら前夜に飼い主さんと思われる人が、この近所を探して回ってたという情報がっ顔(興味深深)

その近辺のことなら、塗装職人の情熱Y様が、何か分かるかもしれない走る(右)

Yさんがいる現場に向かい、事の次第を説明。すぐさま、実家に聞いてくださいました。

どうやら、義父様にかなりの心当たりがあるようで、聞いてくださるとのこと。

 

"これで見つかってくれるといいなぁ"と思いながらも、

ダメだったことも視野に入れて、まだまだ他の筋を当たって、電話メール電話メール電話メール・・・

 

そしたらお昼になって、2人から朗報ハート 

情熱Y様と、OBのN様から。

それぞれの操作網で、ほぼ同時に飼い主さんにたどり着いた模様で、

飼い主さんが保健所に向かってるとのこと顔(興味深深)

 

すぐさま、鯖江の保健所に

「飼い主さん見つかって、今そっちに向かってるんでよろしくお願いしますビックリマーク

と電話をしました。保健所の方も、少々驚かれてるようでした。

 

近くの町内で、顔の広いNさんは、朝イチの私の写メールを、

「分かったっGOOD みんなに転送して回すわメール」と、

ナント80件近くも送ってくださったとのことで、

その中に、「知り合いが昨夜から犬を探してる」という人がいたんですって。

 

Nさん:「写メールがこんなに役立つとはビックリマーク 値打ちある使い方が出来て良かったわ顔(笑顔)

Yさん:「みんなの力ってすごいと思ったな。なんか、感動させてもらったなハート(動き)

保健婦の友人:「すごいなビックリマーク何事も諦めたらあかんのやなぁ。」

その他:「ホントにかハテナマークビックリマーク」とみんな感動しきり。

 

私も感動の鳥肌が止まりませんでしたキラキラ

この大捜査に参加してくれた人は、優に100人は超えてるはずです。

アイディアを出してくれた人、出来る限り情報を回してくれた人、心配してくれた人・・・。

たくさんの人の協力と連携のおかげで、再び飼い主の元に戻ることが出来た迷い犬は、

今日、手術で左足を失いますが、命に別状なかったと、飼い主さんがお礼に見えました。

 

この大捜査網にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

最後に、今後、今まで以上に飼い主さんの元で幸せになれることを願っています。

 

2010年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
家族全員が明るく健康になる キズナヅミの家 オーケン抗酸化陶板浴きずな

アイテム

  • 01-005-01b.jpg
  • 山田先生
  • 3周年講演会
  • 満月100330
  • labath
  • P1050902.JPG
  • taizou.jpg
  • 還暦るりこさん
  • 還暦るりこさん
  • 陶板浴3周年セミナー.jpg